子宮内膜症 原因と症状と治療法

子宮内膜症の原因と症状、薬、手術に頼らない治療方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

エコー検査について

子宮内膜症、筋腫の場合、腟に棒状の器具を差し込む経腟タイプがほとんどで、お腹の上から診る経腹タイプの診断程度は低いです。
超音波エコーで判定できる子宮内膜症は、卵巣チョコレート嚢胞、と大きくなった子宮腺筋症だけです。
スポンサーサイト

| エコー


    私は学生の頃から生理痛が重く、常に鎮痛剤を持ち歩いていました。

    しかし、20歳を過ぎてから市販の鎮痛剤では効かなくなり、経血も増えて行きました。
    元々貧血ぎみだったこともあり生理になると度々貧血を起こして倒れていました。

    痛みで仕事を休んだり、友達との予定やデートもドタキャンしてしまうような日常生活に支障をきたす状態が続き うつ状態 にもなりました。

    今から考えると「 生理痛が中心の生活 」だったのです…。

    病院で「子宮内膜症」と診断されて、低用量ピル(オーソM21)を処方されましたが、
    吐き気と頭痛とだるさ、肌荒れ…今度は副作用で外出も出来なくなってしまったのです。
    他に方法は無いのかと、泣きながらインターネットで検索しました。

    そこで 「14日間集中!子宮内膜症改善通信講座」  を発見したのです!

    半信半疑でしたが、藁をも縋る思いで実践してみました。

    数日続けて、最初に感じたのは体の軽さです。下腹部や腰に付けられていた重りが取れたようでした。

    「でも生理になればまた地獄だろう…」と思っていました。
    しかし!生理前になっていつもなら寝込んでいる時期なのに、全くその気配が無いのです。
    「もうすぐ生理が来そうだな~…」という感覚はありますが、寝込むほどの痛みはありませんでした。
    そして今までは一週間以上大量出血していた生理も5日程度で終わり、

    「普通の生理ってこんなもんなの?」と拍子抜けしてまう程でした。

    今ではもうすっかり良くなり、貧血まで解消されました。
    痛みも鎮痛剤が要らない位です!


    一般の病院では、
    子宮内膜症、卵巣チョコレートのう腫、子宮線筋症についての
    正しい知識を2つの理由から教えてもらえません。




    ぜ、病院の先生は正しい知識を教えてくれないのか?

    その理由と適切な治療方法が
    こちらのHPに余すことなく記されております。





    さあ、重い生理痛から解放されて充足した日々を過ごしましょう!





    ≫ 14日間集中!子宮内膜症改善 公式HP ≪







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。